anti_optimized haunted processor

Germanistik, Philosophie(Kantianismus, Phänomenologie, Logik), Bioinformatik, Musik und Kunst

覚書 > 声、それ自体、それによる、それにおいて

最近意外な経緯で一世風靡SNSのClubhouseに招待してもらえた。それで結構頻繁に利用してしまう。実際これまで辿り着けなかった方々と話をする機会ができることでとてもありがたく感じているし、そのおかげで研究に弾力が出てきたというのだから。

 誰かと話したいからだろうか、それとも誰かの話を聞きたいからだろうか。そのいずれもすでに別のツールで実現されているとはいえ、Clubhouseに特別の魅力を感じていることを否定できない。なぜそれほど魅力を感じているのか。

 この理由を考えるとき、性格とか現在置かれている環境とか、そういうパーソナルな理由をひとまず横に置いて、真っ先に考えるべきは、そこに誰かしらいるかもしれない、ということだろう。正直なところClubhouseを開いても誰の話を聞かない時もあるし、話すこともないし、誰かが話しているを確認するだけで満足することすらある。誰かと話したいと思ってroomを開いたところで誰も来なくとも、それほど残念ではない。Clubhouseにはもともと知り合っている人もいるし、他方でいつも同じ時間に乗り合わせる電車やバスで(あるいは同じ時間帯に教室に通っているの人たちの間で、あるいは行きつけのバーで)たまたま形成されたような人間関係もある。そこに結局「あの人」がいなくとも、少しは残念かもしれないが、別に何も思わないし、どうせ積もる話をした方が盛り上がるというものだ、というくらいの気持ちにもなる。

 尤もTwitterとは全く異なり、実名やプロフィールなどによって、ある程度選択もできるし、いずれのユーザーも、別の誰かによって招待されているという安心感もある。Facebookの得体の知れない検閲や、よくわからないデザインともおさらばできる。あるいはYouTubeツイキャスよりも断然いいのは、コメント機能がないという点。電話やLINE、Skypeは固定化された人間関係だけであり、zoomでは畏まっている気もするし、顔を出すか出さないか、とか、色々面倒な情報が入ってくる。

 そう、Clubhouseは余計な情報を考える必要がない。ただそこにいる人とおしゃべりできるという気楽さがある(もちろんラジオとして利用してもいい)。自分が注目されてしまうような緊張する局面を乗り切った後に、雑踏に足を踏み入れた時の安心感、誰も自分を気にしないにもかかわらず、衆人環視のなかで不確定性よりも信頼性をすら感じてしまう瞬間。もちろん話をするときにさまざまな情動を経験するにも関わらず、外部の情報は制限されているので、ある程度自分の中から溢れる情報に身を委ねられる。

 声、あるいは身体の一部でしかないものだけでそこにプレゼンスしているというのは、内的アイデンティティとは別に、どこの誰であるかと社会的に与えられるアイデンティティに対して戦略的である必要がありつつも、しかし実際に話をするときにはそこまで戦略的である必要もない。ただ自分をそこに置いておくことで、相手の視点に対して「私は」と話し始めることの重要性がここにある。コミュニケーションにおける不透明性を、解釈に際する時間ラグを省略しつつ、適度にエラーを許容しやすい態度にすり替えることができる。会話はテンポやターンが重要であり、そこで感情を相手に通じてしまうかも知れない状態で表出してしまう以上、その場に適切な振る舞いをしようという、一定の制御がかかる。これは「私」の言いたいことをねじ曲げるわけでもなければ、「私」のありようを変えるわけではない。むしろ「私」が、あくまで「相手」を前提にした呼称であるという事実に気づきながら、言葉を組み立ていく必要がある。

 このとき私は、自己意識にべったり張り付いた「私」とはすでに異なるものである。これは現実のコミュニケーションでは普通のことなのに、文字のメディアではしばしば困難であり、あるいはzoomでは映像の反射によってもっと困難である。

 あるいは電話やLINE、Skypeでは固定化されているに過ぎないし、前提とする機会の制限がそもそも個人的関係に関連した情報に依存している。とはいえこの手の流動性は、もしかすればかつてより存在している合コンとか相席居酒屋、婚活パーティなどはとうに実装しているのである。

 さまざまな側面から見たときに、Clubhouseは、「人と直接会わないとダメだ」という主張の根拠の8割くらいはざっくり葬り去ることになるだろう。問題は、そこにある「声」はやはり一種の外行の装いであるということを自覚する必要があるということだろう。それの何が問題なのか、この離散集合する放送のなかで、とも思えるかも知れないが。

 こうして色々考えると、このメディアは明らかに夜行性で都市的な人間に適していることがわかる。だが田舎者にとっても魅力的であるには違いない。

 この離散集合は、しかし、あくまで情報のロジスティクスとしてのIT技術に自身のパーソンフードを委ねることでもあるので、それはそれで「装い」が楽しいだけかも知れないのだから、恐ろしくもある。田舎者の私からすれば、Clubhouseを覗いているときには「真夜中のカーボーイ」になったような気分である。

Backdoor of Car Damon

コーヒーが冷めてしまわないうちに飲み干すのが常なので、サーファー=劉の口なのかはいつも爛れていた。もう三日眠らずに彼はディスプレイを眺め、キーボードを叩き続けていた。彼がコードを休むことなく延々と書き続けていたのは、衛星映像から見つけ出した道路を貫いて高速で移動する紅の染みが原因だった。それは紛れもなく、およそ半世紀前に3000台ほど限定製造された840馬力を記録した怪物アメ車、旧型SRTデーモンの走り抜けていく影だった。まさかまだ現役で走り続けているとは夢にも思わなかった劉は、必死にその車を追跡していたのである。

サーファー=劉は、三日前に偶然中央政府の衛星監視システムのバックドアを見つけ出し、路地裏からレストランの厨房まで、文明国らしからぬほど飛びまくっている蝿が、実はムスカ型監視ロボットであることを確かめて唖然としていた。北京西方のエリア36に張り巡らされた監視網を飛ばし飛ばし見ながら、衛星映像に切り替えると、それは現れたのだった。炭酸ガス排出量をゼロにした国の首都、その大通りを堂々とガソリン車が走っているとは信じられなかったし、そんなクラシックカーが状態よく残っていたとは驚きだった。自動車マニアであった彼はその持ち主を知りたくて仕方がなかったが、あっという間にエリア36を通り抜けて行こうとしていた。劉が見つけたバックドアは、36の約数のエリアにはアクセスできたものの、それ以外に飛ぶことはできなかった。彼は必死に探し、ハッキングしてはまた新たな地区のカメラへと、まるで飛び石を伝うようにして、赤い悪魔を追い続けていた。

インターネット上は噂の海だが、確かにその車についてもいくつか陰謀が囁かれていた。というのも轟音響かせ、悪臭を撒き散らして走り抜けていくガソリン車に住人たちも気づかないはずはなく、毎週何時にどこに現れる、とか、持ち主は実は党幹部である、とか見慣れたものばかりだった。どれも今は検証している場合ではなかった。とにかく追跡し続ければいつか持ち主にたどり着けるはずだからだ。

だが彼の予想に反し、SRTデーモンはいつまでも走り続けて止まりそうにもない。大都会のパイプや高速道を、山岳の曲がりくねった道を、荒涼とした黄色い大地をいつまでも駆けて、そうしてある時には国境間際まで行き、ある時は自治区を横切り、最後には鬱蒼とした長江流域に向かって行った。そうして熱狂していた彼もついに草臥果ててしまった。追跡を諦めようか、働かなくなってきた頭を叩きながら、彼は気づいた。この車、一度も給油していないぞ。実際にガソリン車を見たことも乗ったこともないサーファー=劉は、初歩的だが致命的な問題を見落としていたのである。だとすれば、この自動車に見える高速で地上を駆け抜けていく影は一体なんだ。

腰痛は酷い、頭も割れそうだ。劉はついに音を上げてシャワーを浴びようと服を脱いだ。そこで倒れてしまい、彼は敷居に強く頭を打ち付け失神してしまった。

彼が目を覚ました時、すっと爽やかな香りがして、それはいつか昔海辺で嗅いだ匂いに似ていて、それから耳元で囁く女の声がした。起きて、ねえ起きて、劉。目を覚ましなさい。サーファー=劉はゆっくりまぶたを開き、そこが自分の散らかった作業部屋ではなく、清潔で明るいリビングであることに気づいた。誰かの家。ここはどこだ。どうしてこんなところにいるのか。彼は布一枚を纏っているだけで裸だった。ソファーに寝そべっていて、彼の耳元で囁いていた女は、窓辺に歩み寄って背中だけが見えていた。君は誰? 劉が尋ねると、小荳蔲と彼女は答えた。それは彼が目を覚ます時に嗅いだ香りの名前だった。

小荳蔲、君をなんと呼べばいいのか、やっぱりよくわからない。だけど、とにかくここはどこなんだ。僕の記憶が正しければ、床に頭をぶつける前には確かに自分の作業部屋にいたはずだ。あなた、サーファー=劉は本名劉黄波、所謂7G世代、21歳の時に手術を受けてインストール済の電脳を三つ複製、マヤコフスキー回路に生成された露文調の詩を愛読する。私はあなたのことをよく知っています。ここであなたが脅かされることはありません。そこで劉は尋ねた、もしかして君はガイノイドなのか? そうではありませんが、もしそうだとしても正直に答えるはずもありません。私が何者かを知る必要があるなら、一つだけ答えましょう。

そうして彼女は逆光の中振り返った。顔は一向に見えなかった。そして彼女は劉が窓と思っていたディスプレイにSRTデーモンを映し出した。あなたが追跡していたこの車の持ち主です。だが劉は全く状況が掴めず、ぼんやり天井を見回していた。あなたは地上を走っていたこの車を衛星カメラで追跡していましたね。光学装置を搭載したこの車が、不審なほど政府に追跡されていることを報せてくれました。だけど実際調べてみたら衛星監視システムに侵入の痕跡があった。あなたはバックドアを見つけ出しことを単なる幸運と思ったでしょうけど、自分が催眠にかけられていることには気づいていなかったのですね。劉はそこでようやく彼女の言葉に反応した。催眠って一体?

そこで劉は、街中を走っていた思ったこの車は、実際は仮想空間を航行し、バックドアを見つけ出したハッカーに催眠をかけていたのだと理解した。だとすれば、彼女は党の人間なんだろうか? あなたは偽装意識から醒めたばかりなので、まだ脳が酔っ払っているのかもしれませんね。三つある電脳は全て、あなたの意識を異なる量子世界に分散させていましたが、今ようやく統合されたのです。

待って、じゃあこれはもしかして生身なのか? SRTデーモンに載せられたいくつもの意識がここに集約されたというわけか。意識だけが、まるで世界遊覧を楽しむように、仮想上の旧型のスポーツカーに載せられ、ハイスピードで大陸を駆け抜けていたわけだ。詳細はまだ劉にはわかっていなかった。だが、その空想が彼を楽しませたようだった。彼は妙に納得してしまい、小荳蔲に言った。じゃあ君は僕を滅ぼそうというわけだ。僕を肉体に引き戻して。まるで死神だな。

そう、そう呼んでもらって結構。死神。素敵。もはや民なき神となった死神ね。でもあなたを偽装意識から呼び戻したのには訳があります。

なんだ、まるで古臭い映画だ。レッドピルを飲むかどうか迫られるやつだよ。

私はギークではないので映画を見たことはありませんが、どちらにしてもあなたは偽装意識から目覚めて、煉獄に降りてきました。燃え盛る山並みに囲まれているこの場所は、現実の世界だと思いますか?

じゃあ生身じゃないのか。よかったよ死神さん。僕はまだ不滅だ。

いえ、私は確かにあなたに死をもたらしました。もう一度申しますが、ここは煉獄なのです。つまり、死後の世界です。

そうかそうか。いい加減嘘ばかり吐くのはやめて本当のことを言ってくれ。ここはどこだ。僕はいつ帰ることができる。

帰ることはできません。ここは死後の世界です。現実世界ではありません。仮想世界でもありません。でも、確かに量子世界に分散した意識の一つに過ぎません。

いやいや。意識なんて物質とともに滅びるんだ。もし僕が床に頭をぶつけて死んだのなら、その続きはなし。赤いガソリン車がなんの関係がある。死神が部屋に匿ってくれるなんて、どんなおとぎ話でも聞いたことがない。それに、こんな香りがするはずがないだろう。だって、とても懐かしい香りだ。昔サーフィンに打ち込んでいた時に、そんな香りの日焼け止めを塗っていた女がいたんだよ。僕の恋人だった。少しして姿を消してしまったけどね。彼女の名前は、ええと。そこまで話して劉はあることに気づいた。そして押し黙って、涙を流し始めた。

そうだ、彼女の愛称はカサンドラだった。そう。この日がやってくることを彼女は知っていた。彼女は夢を見ていた。夢の中で私は赤いスポーツカーに乗って、彼女と重力の渚でドライブを楽しんでいたんだ。そんな懐古的な夢など実現するはずもないと思っていたのだが。君の顔を見せてくれ、カサンドラ。いや、小荳蔲。君をまだ愛していた。

そうして彼女は逆光の中から一歩、二歩歩み出てきた。君はバックドアから顔を覗かせた死神だったんだ。そうして僕に死をもたらしにきたんだ。そうして彼女の顔が見えるかどうかという瞬間、世界は突然ノイズに塗れ、電子的な輝きを残して消え去ろうとしていた。

それは840馬力の出力から繰り出される猛スピードのなかで眺める世界そのものだった。あまりに早い走馬灯が過ぎると、あっという間に彼の意識情報は小荳蔲の香りとともに、地平上で蒸発してしまった。

Cuticle of the Pear II

エメラルドが嵌め込まれた扉が一つあった。そこから少し離れた木陰で私はずいぶん長いこと待っていた。いくつもの昼と夜が過ぎていったのに雨は一向に止むことがなく、太陽は徐々に衰え、私は凍えていた。手足は感覚を失い、いよいよ私は木の根に座り込んで項垂れいた。その扉はその間一度も開かれることがなかったし、帰りを待ち望む人も音沙汰ないままだった。いつかは必ず帰ってくるはずだ、と私は信じているけれど、それがいつになるのか私にはわからなかった。ある年老いた男は、私が木陰で待っているうちに来るだろうかと尋ねたところ、そのような無謀な真似はやめておきなさい、彼が帰ってくることはない。現実を見なさい。少なくともお前が生きているうちに帰ってくることはないのだ、と告げた。私はそれを信じる気にはなれなかった。だが、どうやらその老爺の言葉が正しかったのかもしれない。全身が痩せ細り、皮膚は不潔のあまり酷い湿疹を引き起こしていたために、いよいよ私も諦めかけていた。私は醜く、生きたまま腐敗し始めているように思えた。ここに鏡がなくて幸せだった。だって、私は彼が帰ってくると思って、化粧を施し、一番のお気に入りの衣装に身を包んできていたのだから。化粧はとっくに落ちて、ドレスはボロ切れになって悪臭を放っていたし、一部は皮膚に癒着していた。私の肉体はもはやこのボロ切れの一部になり、このボロ切れは腐りかけの肉片の一部になっていた。

 

                   ✳︎

 

魂を吹き込むように彼は鞴を重く踏み込み、馬の糞を混ぜた麦や薪にともされていた熾はそれに応じて赤々と輝く。彼は銀を精錬していた。彼が工房に篭って何をしていたのか、私は尋ねることをしなかったが、扉の隙間から時に覗き込んでいると、窯の前で背中を丸くしている彼の黒い影が浮かび上がっていた。鋳型に流し込まれた銀は、裸眼で見つめることが許されない程輝き、少しずつ冷え固まる間に形が与えられ、一挙に冷やされる。彼はやがて、銀でできた鋭い五寸ほどのナイフを持って出てきた。既に六度昼と夜が過ぎていた。私はその間鶏や山羊に飼料をやったり、星々を眺めたり、子供たちに絵本を読み聞かせたりしていた。

ある晩、私は目を閉じ横になっていた。そして遠くで犬が激しく吠えたてているから眠れないでいた。そしてそのうち、それが犬の吠え声ではないことに気づいた。慌てて目を開くと、彼の工房の扉は開かれていて、私は胸騒ぎがした。家の中を見渡すまでもなく、私は森に向かった。そして水車小屋の手前に設えられていた〈安らいの家〉に私は到着した。扉を激しく叩いた。私は待っていた。だけれども、私は考えないでいたのだ。そして涙を流して私が横たわっていると、彼が後ろから手を回して、私を抱え起こした。その手はあまりに冷たくなっていて、爪の間に血糊がこびりついたままだった。

彼は言った「現実をありのままに見るのだ」。私はその時が来たのを覚悟した。

 

                   ✳︎

 

目を覚ますと骸を燃やす匂いがした。私は烏達に突かれていた。痛みはもはやしなかった。肉もろくにないので、すぐに烏達は離れていった。そばで誰かが燃やされていた。森の開けた場所だった。私は意識を失って、扉の前からここまで運ばれたのだろう。誰かが私を死んでいると思ったのだ。そして火葬しようとしていた。だがなぜそんなことをするのだろう。私が穢れているというのだろうか。ひきづられてきたのか蕾ような形の傷口がいくつも開いていた。私は全身を冒されていたのだろうか。煙の向こうに篝があって、鉈を持った老爺がこちらに近づいてきた。「なるほど、まだ生きようというのか」「おじいさん、私はまだ生きています」「だがお前はあまりに無理をした。私の忠告に従うこともなく、森の端で瘴気を吸い過ぎて、病に冒されしまったのだよ。もう長くない。それどころか、危険なのだよ」「どんな病気だというのでしょうか」そう尋ねた時、右脇腹がうずき、そこに開いていた傷口から、眼のような白く丸い塊が吐き出された。私が痛みに顔をしかめると、老爺は鉈をその白い塊に突き刺し、火にくべようとした。「おじいさん、それは何?」「卵だよ。私はもう三つも処分した。どうせこういう役回りは年寄りと決まっているんだよ」

そう言っているうちに鉈の先から白い塊が垂れ落ち、地面の上にゆったりと広がった。まるで粥の塊のようなそれは、刃の入った箇所から赤い液体を吐き出し、やがて金の鱗に包まれた塊を吐き出した。その光景はあまりに神々しく、私は言葉を失っていた。そして私の背中は再び卵を吐き出していた。老爺は舌打ちをして、焼きを入れようと熱した鉈を突き立てた。するとやはり赤い液体が噴き出てた。

 

                    ✳︎

 

「私はお前を待っていた。だが帰ってくることはなかった。二度とないのかもしれない。お前がどこかで悪徳に耽っているのかと思うと私は耐え難く思う。お前はまるで悪の巣そのものなのだ。お前はいつまでも彼を待っていたが、決して帰ってくることはない」

「私の方こそあなたを待っていたのです。そんなはずはありません」

「いや、お前は夫の顔を間違えるような狂った女だっただろうか。そのような行いは許されるものではない。私は裁きが降ることを願っている。法を犯したお前はもう救われることはない。」

「そんなことはあってはならないことです。私は信じません」

 

                    ✳︎

 

やがて〈安らいの家〉の扉が開かれた。その時あたりには誰もいなかった。そこにはいくつもの骨が転がっていた。風が黴に冒された空気を僅かにさらっていった。父は狩猟を終え帰ってきた。その右手には銀のナイフが握られていた。そして左手では縄に括られた鹿を一体引きずっていた。そこに一人の痩せこけた女がやってきた。全身を瘴気に冒されていた。彼は悟った。そして家に招き入れた。中にはイコンが掲げられた祭壇があった。そして女はそこに寝かされた。天井にはもう一つ扉があった。金の枠にはめ込まれ、エメラルドの嵌め込まれ、荘厳な彫り物がなされているのを蝋燭の明かりが浮かび上がらせていた。その扉は何の力も感じさせず、ゆっくり、ゆっくりと開かれた。そして輝きが差し込んできて、女は瞼を失い、瞳は悲鳴を上げるように細く絞られた。彼は銀のナイフを女の腹にゆっくりと差し入れ、そのまま開いた。血は僅かにしか出なかった。女はもう声を上げることもなかった。彼は腹を開いた。そして根を生やしていた一塊の茨を巻き取り、血を流しながらその奥に眠った心臓ほどの大きさの鉱石を取り出した。それは金剛石だった。それを彼は祭壇に据え、ナイフを手にしたまま、香を炊いて立ち去った。やがて扉は閉ざされた。女の息はとうになかった。

 

                    ✳︎

 

父は沈黙し、清流にナイフを浸していた。血は漱がれた。
それから雪が降り始めた森の中に姿を消した。寒さが谷間の底を衝いていた。